リレーマラソンとは?その楽しさを紹介します

マラソンの雑学

皆さんはリレーマラソンをご存知でしょうか?

名前の通り、長距離をリレー形式でつなぐものです。

大会によって距離は異なり、42.195㎞といったフルマラソンの距離から100㎞、そして24時間走り続けるといったヤバい大会まで存在

私は42.195㎞だけでなく、実は24時間リレーに出場させられた過去を持ちます。。。

今回はそんなリレーマラソンについて、いろいろと語ります。

スポンサーリンク

リレーマラソンって何が楽しいの?

リレーマラソンの最大の魅力は参加者とワイワイ楽しめる点です!

1人で走るフルマラソンも当然楽しいのですが、リレーマラソンはタイプが異なります。

コースが周回コースになっているため、チームメイトを応援しやすい!

私の経験上、1周数キロ程度の設定となっており、コース沿いにチームの陣地(ブルーシートやテント)を設置します。

自身の出番までチームメイトと盛り上がり、自身の出番が回ってきたらランニングで盛り上がります。

特に、チームメイトが待ち構えている陣地前を走るタイミングはチーム総出で応援してくれるので、めっちゃ楽しいです。

また、途中に暫定順位を大会本部が知らせてくれるため、「もっと上位に行こうぜ!」と盛り上がったりもします。

一人で走った方が達成感ありそう

確かにフルマラソンを完走した際は大きな達成感を得ることができます。

数時間をかけて自分自身と戦いながらもなんとか42.195㎞を走り切る!

十数回完走している僕もゴールラインを超えた瞬間は毎回ものすごい達成感を味わいます。

リレーマラソンでは同じ感動は味わうことが難しいかもしれません。

ただし、リレーマラソンはチームで達成感を味わう魅力をもっています。

一人一人の走りの積み重ねでゴールに辿り着く。

だから、チーム全員でゴール。

その瞬間はチームのメンバーと一緒に達成感を味わえます

リレーマラソンを企画してよかったな~と思える瞬間ですね。

長距離が苦手な人にもオススメ

「マラソンは苦手だな~」という人にもリレーマラソンはオススメです。

マラソン、ハーフマラソンといった大会のハードルは高いのですが、とリレーマラソンは参加しやすい競技に入ります。

私は会社でスポーツ関連の部活を管理しており、いろんな大会の案内を出していたのですが、「リレーマラソンなら出る」という人は結構います。

マラソンって出場するからにはトレーニングが必要じゃないですか?

でも、リレーマラソンの場合はそういった準備をあまりしなくても大丈夫!

数キロですし、しんどくなったら歩いてもOK。

体験談

私は42.195㎞リレーマラソンを自分で企画し、24時間リレーマラソンは知り合いに誘ってもらい出場しました。

両方とも楽しかったのですが、

42.195㎞は幅広い人にオススメ。

そして、

24時間マラソンは普段運動してそうな人を選んだ方がよいと思います。当たり前かもしれませんが。。。

42.195㎞リレーマラソンは大会によりますが、大体のチームが10名以下で構成されており、一人数キロと手軽に参加できます。

お祭り要素が高い大会もあり、私が出場した大会は抽選でTVやパソコンが当たってました!

ちなみに以下の大会です。

JEMTC presents 第3回 FM AICHI42.195kmリレーマラソン in ラグーナビーチ

小雨の中の高いだったのですが、大会側でテントの貸し出し(有料ですが。。。)もあり、とても楽しめましたよ。

会社の先輩が気合を入れてスタートダッシュを決めたものの、飛ばし過ぎたせいで全然帰ってこず。

ようやく帰ってきた時にはかなり下位でした(苦笑)

次のランナーは普段まったく運動をしない後輩💦

「自分のお母ちゃんぐらいの人に一気に抜かれました~(笑)」という状態。。

当然のごとく順位は・・・

でも、それでいいんです!!

大会終了後にご飯を食べながらその話で盛り上がり、後日飲みの席で再度盛り上がる!!!

何度も楽しむことができました。

24時間リレーマラソンはといいますと。。。

これまた結果的には楽しめましたよ!

ただ、ものすごーくキツイ場面もあります。

それは、夜中も走り続ける必要があること。。。

交代とはいえ、真夜中の3時に「いけやん、出番が近いんで起きてね」と優しい声で起こされるのですが、その瞬間は地獄でした。

昼間っから交代で走っており、本来であれば身体を休める時間帯に更に自分を追い込む。

最悪なのが、筋肉が完全に冷えた状態で再度走り出すので、さらにダメージが。。。

でもそういった場面を乗り越えた先にあるゴールは感動ものでしたね。

後日の筋肉痛は想像を絶するものでしたが。。。

そんなわけで、リレーマラソンは結構楽しめることをお約束します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました