石段で有名!山形県 山寺の1015段を登ってみた

マラソンの雑学

今回は絶壁に建てられていて有名な山形県にある立石寺(通称:山寺)の参拝コースを紹介します。

こちらの魅力はなんといっても全部で1015段あるといわれる石段。

通常の参拝なんてあきあきな皆さんの脳内ドーパミンをどばどば分泌させてくれること間違いなし。

山形観光ついでに階段トレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

概要

  • 山寺は貞観二年(860年)に天台宗の慈覚大師円仁によって建立された寺院
  • 入山料:通常 大人300円 中学生200円 小人(4歳以上)100円
  • アクセス 山形駅から車で約30分/山形駅からJR仙山線で20分 山寺駅で下車して徒歩約10分で登山口に到着/山形ICから車で約15分
  • 参拝コースは全行程石段 往復には通常:約1時間30分必要

山寺のオススメポイント

アクセス抜群!

車じゃないとアクセス困難なお寺ってけっこうありませんか?

山寺はJRでアクセス可能なんです。

下車後約10分で登山口まで辿り着けますし、登山口近辺には地元の商店もあるので、登山前と後の食事休憩も可能。

山寺駅到着後

山寺観光案内マップがお出迎えしてくれます。

見どろこ盛りだくさん。

山寺駅から登山口まではてくてくと徒歩で移動。

登山口

しばらく歩き続けると登山口に到着しました。

参拝の入り口が登山口ってのがいいですよね。

階段とか坂を見ると少し興奮しませんか?

分かってくれる人は私の同志です。

分からない人はさようなら。

くだらないボケに付き合って頂きありがとうございます。

続けます。

さっそく登ってみることにしました。

周囲を見るとカジュアルな恰好をした人ばかり。

運動靴といったシューズを準備しなくても問題なさそうです。

登り続けると岩の絶壁が見えてきました。

写真では伝わりにくいんですが、すごい迫力です。

悲鳴嶼行冥(岩柱)もこのような場所で修行していたのでしょう。

性相院・ 金乗院エリア

一気に登り続け、性相院(しょうそういん)や金乗院(こんじょういん)などが建立されているエリアへ到着。

振り返ってみると「そこそこ登ったんだな~」と実感できます。

この左手には開山堂が建てられており、その奥に五大堂への道が続いています。

奥の院に行く前に開山堂にちょっと寄り道。

見どころ納経堂があり、観光客も集まっています。

五大堂を満喫したので、奥の院に向けて再出発。

奥の院エリア

ようやく奥の院が見えてきました。

最後の石段を登り切り奥の院へ到着。

足元に登山口から1000余段との案内板を発見。

時計を見てみると25分強と表示されていました。

いい運動になります。

他の見どころ

途中に釈迦堂(しゃかどう)

胎内堂(たいないどう)

など他にも見どころ盛りだくさんです。

特に胎内堂はよくこんな絶壁に!と思える場所に建てられています。

いかがでしたでしょうか。

トレーニングと観光を両立できる山寺の石段!

山形訪問の際には是非体験してみて下さい。

定期的にイベントもやってるみたいですよ。

山寺観光協会
山形県山形市にある、山寺観光協会の公式ホ...

今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました