マジックスピード2 レビュー 厚底カーボンを初めて試したいあなたへ

シューズ

先日発売されたメタスピードシリーズの最新版に引き続き、9月22日にマジックスピードの2代目が発売されました。

メタスピードシリーズ同様に前作から多くの点が改良されており、試す価値のあるモデルへと仕上がっております。

反発力、クッション性やフィット感など各性能が高いレベルでまとまっているため、ジョグやスピード練習といった様々な練習で活躍してくれることでしょう。

また、前作のガイドソールテクノロジーの様な推進サポート機能が備わっておりますが、今作はフルレングスのカーボンプレートを搭載したことによって本機能を実現。
※フルレングスとのカーボンプレートとは、足の裏全体を覆いているプレートのことです。

楽にスピードを出しやすい構造となっています。

反発力の高さや軽さだけであれば、メタスピードシリーズに劣りますが、価格や履きこなせるか等のポイントを加味すると、マジックスピード2も負けていません。

今回はそんなマジックスピード2の魅力を紹介します。

早速ですが、メリットとデメリットを下記します。

メリット
  • ミッドソールに搭載されているFF BLAST PLUSとFLYTEFOAMにより高い反発力とクッション性を実現
  • 厚底カーボンモデルで16,500円(税込)と安い部類に入る
  • ASICS GRIP搭載により高いグリップ力を発揮してくれる

続いてデメリットはこちらです。

デメリット
  • 推進サポート機能は人によって合わない可能性がある
  • メタスピードシリーズやヴェイパーフライといった反発力を期待している人には物足りない
    ※同じカーボン搭載モデルではあるが、反発力には明確な「差」を感じる

詳しく知りたい方は続きをご覧下さい。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
スポンサーリンク

基本スペック

基本スペックは以下の通りです。

製造国ベトナム
素材インナーソール:合成樹脂(FLYTEFOAM)/固定式
サイズ24.5,25.0,25.5,26.0,26.5,27.0,27.5,28.0,28.5,29.0,30.0,31.0,32.0
幅/ラストSTANDARD
アッパー素材合成繊維
アウター素材ゴム底
株式会社アシックス情報参照

ちなみに、ミッドソールの厚みは前足部:24㎜、後足部:31㎜(前作+2mm)となっており、ドロップは7㎜です。

外観

横からの見た目

横からの見た目(反対側)

上からの見た目

かかと部の見た目

かかと部(内側)の見た目

シュータンの見た目

シュータンはとても柔らかく、足の甲に吸い付くようにフィットしてくれます。

アッパーの見た目

アウトソールの見た目

アウトソールの見た目比較(左側:マジックスピード2、真ん中:メタスピードスカイ、右側:メタスピードスカイプラス)

補強箇所(黒い箇所)以外の白い部分については、メタスピードスカイとメタスピードスカイプラスと比較して耐久性は高い感じがします。

メタスピードシリーズのアウトソール剥げについては、私の接地方法が悪い影響かと想定されますので、アウトソール自体が弱いわけではありません。(たぶん)

販売価格

16,500円(税込)

メタスピードスカイ+(プラス)と比較すると約10,000円安くなっています。

前作:17,600円(税込)と比較して約1,000円安くなっていることから、厚底カーボンシューズとしてはかなりリーズナブルなモデルといえます

11月16日時点、どのショップも16,500円のままです。

ただ、楽天ではクーポン発行により少し安く購入できるショップもありますので、興味がある人はチェックしてみて下さい。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

まだ高いと感じる人は、旧モデルのマジックスピードがオススメ!

興味がある人はコチラの記事をご覧願います。

重量

225g (26.5cm)

前作:220gとほぼ同重量。

前作よりもミッドソールが+2mmとなっていますが、重量に大きな影響を与えていないようです。

サイズ感

幅はSTANDARDタイプとWIDEタイプの2種類です。

STANDARDであればメタスピードスカイゲルカヤノ29エボライド3といったシューズと同じサイズ感となります。

サイズについて気になる方はこちらでご確認下さい。

ASICS
Check out ASICS new lightweight running shoes

アシックスのアプリにて測定が可能なので、自身に合うサイズ感を確認可能です。

WIDEタイプがあるのも魅力的!

足幅が広い人も是非試してみて下さい。

耐久性

メタスピードスカイ同様アウトソールにASICS GRIPが採用されていることから、そこそこ高い耐久性を期待できます。

雨の路面でもグリップ力を保持できるバランスの取れたアウトソール素材

アシックスの最新モデルに搭載されていることからも、信頼性の高い素材といえるでしょう。

クッション性

FF BLAST PLUSとFLYTEFOAMにより高いクッション性を実現しています。

かかと部から足の指下あたりまでミッドソールが厚くなっているため、かかとから接地するヒールストライクにもピッタリ

初心者の方も安心して活用できます。

接地した瞬間の沈み込みについては、ゲルカヤノ29と同じように衝撃をゆっくりと受け止めてくれる感じです。

そのため、フワフワしたクッション性を求める人には物足りないかもしれません

反発力

カーボンプレートとミッドソールによる相乗効果でしょう、とても高い反発力を感じます。

かかと部や中足部で接地後に前傾し、重心が親指の付け根に移動したところで反発力をもらうイメージです。

反発をもらうポイントはこのあたりです。

カーボンプレートがかかと部から前足部にかけて搭載されていることも影響していると考えられます。

アシックスの公式ページでも

カーボンプレートをかかと部から前足部にフルレングスで搭載。蹴り出しの動きを安定させ、前方へ推進する効果を発揮。

株式会社アシックス

と記載されており、カーボンプレートにより反発力が高まり、強い推進力を生み出しているようです。

走ってみて感じたこと

ジョグでもスピード練習でも使える万能タイプといった印象を持ちました。

クッション性が高いことから、足へのダメージを軽減したい日々のジョグにピッタリ。

更にクッション性が高いだけでなく、225gと軽量な部類に入ることからインターバルやペース走といったスピード練習にも使えます

特にキロ4分半を切ったあたりから反発力を強く感じはじめ、そのまま楽にキロ4分を切ることができました。

また、本モデルは推進サポート機能により楽に速く走り続けることができるため、距離走といった速いペースで長距離を走るトレーニングにも最適です

ただし、デメリットとして記載した通り、この推進サポート機能が人によっては合わない可能性も!

実際、本モデルではなくエボライドのガイドソール機能(推進サポート)について、違和感があるという感想をラン友から聞いたことがあります。

エボライドについて気になる人はこちらの記事をご覧下さい。

メタスピードスカイプラスとの比較

マジックスピード2の上位モデルであるメタスピードスカイ+(プラス)と比較したところ、マジックスピード2の方が万人向けのモデルだと感じました。

理由としては、マジックスピード2はかかと部からつま先部下にかけて搭載されたミッドソール、カーボンプレートによる推進サポート機能など、初心者ランナーでも履きやすいモデルに仕上がっている点が挙げられます。

その一方、メタスピードスカイプラスについては中側部のミッドソールが厚く、そこで反発力を得やすくなっているため、かかと部での接地が多い初心者の方には向いていないと想定されます。

ただし、より速いスピードを求める人にはメタスピードスカイプラスがオススメ!

メタスピードスカイプラスの方が高い反発力を持ち、マジックスピード2より20gも軽いため、履きこなすことさえできれば、好記録を狙いやすいといえます。

サブ3を目指す人にオススメ

キロ4分まで楽にスピードを上げることができたため、サブ3を目指すランナーには特にオススメです。

メタスピードスカイプラスよりも履きこなしやすい点からも、より万人向けモデルといえるでしょう。

ハーフマラソンとはなりますが、スタート地点前方に位置しておりマジックスピード2を履いているランナーもそこそこいました。

よりスピードを出しやすいメタスピードスカイプラスではなく、マジックスピード2を選んでいる人がいることからも相性によって使い分けた方がよさそうです。

SOLUTION DYE(ソリューションダイ)により環境にも配慮した製造工程を実現

本モデルは高い性能だけではなく、製造過程における環境への配慮という点も優れています。

SOLUTION DYEという技法を用いて中敷きを製造することが、水使用量を約33%、二酸化炭素排出量を約45%削減に貢献するとされています。

SOLUTION DYEについて詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

SOLUTION DYE | アシックス - ASICS JP
SOLUTION DYE(SUSTAINABLE DYEING PROCESS)。アシックスは、環境に配慮した上でサスティナブルなビジネス方針を採用しています。 その一環として、私たちのアパレルの一部には、ソリューションダイという技法が採用されています。 この技術はアパレルを生産したり、染色したりする過程で、大量の...

ちなみに、アシックスはゲルカヤノシリーズにCNF(セルロースナノファイバー)を採用する等、環境保護活動に積極的です。

今後多くの人がランニングを楽しめるよう、サステナブルな要素もシューズを選ぶ際のポイントに加えてみてもいいかもしれません。

※CNFとは最新バイオマス素材のことです。

まとめ

メリットとデメリットを再掲します。

メリット
  • ミッドソールに搭載されているFF BLAST PLUSとFLYTEFOAMにより高い反発力とクッション性を実現
  • 厚底カーボンモデルで16,500円(税込)と安い部類に入る
  • ASICS GRIP搭載により高いグリップ力を発揮してくれる

続いてデメリットはこちらです。

デメリット
  • 推進サポート機能は人によって合わない可能性がある
  • メタスピードシリーズやヴェイパーフライといった反発力を期待している人には物足りない
    ※同じカーボン搭載モデルではあるが、反発力には明確な「差」を感じる

前作に対して各機能改良されており、更にお求めやすい価格になっているモデル。

一度履いて損はしない仕上がりとなっていますので、少しでも気になる人は是非試してみて下さい!

気になる人はスポーツショップでの試し履き、もしくはAmazonのの prime try before you buyでお試しできますので、不安な人は一度試し履きすることをオススメします

今回は以上です!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

そのほかのシューズについて気になる人はこちらの記事もご覧下さい。

アシックスのシューズを一覧表でまとめていますので、簡単にシューズ毎の特徴をチェックできます

コメント

  1. より:

    マジックスピード2代目きたか~~~~~
    性能めっちゃよさそう~~~~~

    • いけやん より:

      コメント頂きましてありがとうございます!
      性能もいいんですけど、コスパがイイですね(^_^)
      記事にも記載していますが、前作より価格が下がっている点がとても魅力的です。

タイトルとURLをコピーしました