試さないと損!アシックスの定番モデル ゲルカヤノ29 レビュー

シューズ

アシックスのランニングシューズで最も有名といっても過言ではないモデルをご存じでしょうか?

そう!

ゲルカヤノシリーズのことです。

ロングセラーモデルとして初心者ランナーからベテランランナーまで幅広い層に愛されてきました。

私もゲルカヤノ27、28と履き続けており、どちらのシューズも日々の練習には欠かせません。

そんな定番モデルの最新版であるゲルカヤノ29が7月29日(金)に発売されましたので、早速購入。

実際に試したところ、

「やっぱ、ゲルカヤノはいいな~」

という結論に達しましたので、その魅力を紹介します。

前作に対して、新素材の投入や軽量化を織り込んだゲルカヤノ29

少しでも興味のある人は、チェックして購入する際の判断材料にしてみて下さい。

いつものごとく、メリットとデメリットから紹介します。

メリット
  • 新素材:FF BLAST PLUSをミッドソール上層部に、FLYTEFOAMを下層部にと、二重に素材を搭載することで柔らかな接地と高い反発力を実現
  • ゲルカヤノ28と比較して約5gの軽量化に成功
  • アッパーに採用されているエンジニアードニットにより、心地良いフィット感と優れた通気性を生み出している

続いてデメリットはこちらです。

デメリット
  • 定価:17,600円(税込)と価格はけっこう高め
  • インターバル走やペース走といったスピードを必要とする練習には向かない

スポンサーリンク

基本スペック

基本スペックは以下の通りです。

製造国ベトナム/インドネシア
素材インナーソール:合成樹脂(ORTHOLITE)/取替式
サイズ24.5,25.0,25.5,26.0,26.5,27.0,27.5,28.0,28.5,29.0,30.0,31.0,32.0
幅/ラストSTANDARD
アッパー素材合成繊維
アウター素材ゴム底
スペック一覧表

外観

上からの見た目

横からの見た目

横からの見た目(反対側)

シュータンの見た目

アッパーの見た目

通気性とフィット感に優れたエンジニアードニットが採用されております。

部位ごとにニット素材の密度を変えているため、耐久性にも期待が持てそうです

かかと部の見た目

かかと部の見た目(内側)

アウトソールの見た目

つま先部の高さ比較(VS ゲルカヤノ28)

つま先部の高さ比較(VS ゲルカヤノ27)

つま先部の高さ比較(VS ゲルカヤノ27(一番左)/ゲルカヤノ28(真ん中))

ミッドソールが少し厚くなっている分、先端部も高くなっています。

販売価格

17,600円(税込)

楽天、Amazonでは16,000円前後で購入可能です。
※サイズやカラーによって異なりますので、ご注意下さい。

重量

290g(26.5cm)

ゲルカヤノ28(295g)より5g軽量化されています

公式ページでは約10g軽量化と記載されていますが、私の手持ち品では5gの違いでした。

現物によって数gの差が発生するということでしょう。

サイズ感

基本スペックに記載されている通り、幅はSTANDATDタイプとなります。

前作のゲルカヤノ28ノヴァブラスト2といったモデルと同じサイズ感です。

フィット感

アッパーのエンジニアードニット、厚めのシュータン、そして足底部の素材により足全体をソフトに包み込んでくれます

全体的に柔らかいため、ソフトな質感を求める人には特にオススメです。

逆に、ライトレーサーやターサーエッジのような柔らかすぎないフィット感を求める人には向かないかもしれません

耐久性

アウトソールにはゲルカヤノ28同様に、AHARPLUSが採用されております。

AHARPLUSはアシックスで通常使用されているラバーと比較して、約3倍の耐摩耗性を実現したと言われており、高耐久性を期待できます。

ゲルカヤノ28では1,000㎞以上走っても問題なく性能を発揮してくれていることからも、耐久性の高さは折り紙付きです

興味がある人はこちらの記事をご覧下さい。

走行距離に応じたアウトソールの様子を確認できます。

クッション性

ミッドソールに採用された新構造が高いクッション性を生み出しています。

新構造とは、ミッドソール上層部に新素材であるFF BLAST PLUS、下層部にFLYTEFOAMと、二重に素材を配置するというもの

この構造が柔らかな履き心地を保ちつつも、約5gの軽量化に貢献しているとされています

また、名前の由来となったゲルテクノロジーも高クッション性実現のためには欠かせません。

ゲルカヤノ28,27同様、かかと部から搭載されることで、足にかかる負担を軽減してくれます。

特にかかと部から中足部までのクッション性が非常に高いため、かかとから接地するヒールストライクの人にはピッタリ!

クッション性が高いといってもフワフワした感じではなく、ゲルカヤノ28同様にゆっくりと受け止めてくれる印象を持ちました。

ちなみに、こちらの比較写真を見て分かる通り、ゲル搭載エリアの形状が変更されています。

左からゲルカヤノ29、28、27の順番です。

クッション性を高めるための最適な形状を日々研究しているということでしょう。

反発力

新素材であるFF BLAST PLUSにより跳ねるような反発力を体感できます。

ライドシリーズのようなガイドソール機能がないため、自身の蹴り足でグイグイと推進するイメージです。

FF BLAST PLUSの跳ねるような反発力がその推進力をサポートしてくれる感じですね

ライドシリーズとはグライドライド3エボライド3といったモデルをシリーズ化したものです。

興味がある人はこちらのページをご覧下さい。

ジョグして感じたこと

5分〜5分30秒/kmを目安にして走りましたが、最後まで楽にペースを保つことができました。

5分/kmを切る場面もありましたが、クッション性が非常に高いため、足への負荷もそれほど強くは感じません

とはいっても4分30秒を切ってくると、「少し重い」印象を持ちます

ゲルカヤノ27から軽量化を重ねていますが、それでも300gに近い重さなので、比較的重い部類に入ります。

最近では200g前半から200gを切るシューズも増えていますので、そのような感じがするのでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

メリットとデメリットを再掲します。

メリット
  • 新素材:FF BLAST PLUSをミッドソール上層部に、FLYTEFOAMを下層部にと、二重に素材を搭載することで柔らかな接地と高い反発力を実現
  • ゲルカヤノ28と比較して約5gの軽量化に成功
  • アッパーに採用されているエンジニアードニットにより、心地良いフィット感と優れた通気性を生み出している

続いてデメリットはこちらです。

デメリット
  • 定価:17,600円(税込)と価格はけっこう高め
  • インターバル走やペース走といったスピードを必要とする練習には向かない

アシックスのロングセラーモデルであるため、様々な機能が搭載されている逸品。

クッション性が高く、足への負荷も少ないためマラソン初心者には特にピッタリです

どのシューズを購入すべきか悩んでいるのであれば、試してみて間違いの無いモデル。

興味がある人は是非チェックしてみて下さい。

近くのスポーツショップに在庫が無い場合や行くのが面倒な人は、Amazonの試着サービスであるPrime Try Before you buyを利用して一度試してみるのもありです。

7日間の無料試着期間があるため、お手軽に試すことができますよ。

今回は以上です!

どのシューズを購入しようか迷っている人はこちらの記事も是非ご覧下さい!

アシックス製ランニングシューズの特徴を一覧でまとめていますので、簡単にシューズを比較検討できますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました