バーサブラスト2 レビュー  跳ねるような反発力を格安で味わえる

シューズ

今回はバーサブラストの最新版を紹介します。

最大の特徴は、

ノヴァブラストの特徴であるトランポリンで跳ねるような反発力を格安で味わえる点

です。

更に、最新版であるノヴァブラスト3の価格が14,300円に対して、バーサブラスト2は7,700円とかなり安くなっております

そのため、

ノヴァブラスト欲しいけど少し高いな〜

と思っている方には朗報ともいえます。

ただ、価格が安い分ノヴァブラスト3と比較しますと機能面で劣るのも事実

アシックスの高機能シューズに採用されている素材が使われているという情報は見当たりませんでした。

そんなバーサブラスト2を試してみましたので、詳細をレビューします。

少しでも興味のある方は是非続きをご覧下さい。

早速ですが、メリットとデメリットを下記します。

メリット
  • 価格:7,700円(税込)と格安
  • 軽く、跳ねるような反発力によりスピードを出しやすい

続いてデメリットはこちらです。

デメリット
  • クッション性があまり高くないため、長時間のランニングは困難
  • アウトソールの素材がAHARといった高機能な素材ではないため、靴底の耐久性について大きな期待はできない
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
スポンサーリンク

基本スペック

基本スペックは以下の通りです。

製造国ベトナム
素材インナーソール:合成樹脂(OrthoLite)/取替式
サイズ24.5,25.0,25.5,26.0,26.5,27.0,27.5,28.0,28.5,29.0,30.0,31.0
幅/ラストSTANDARD
アッパー素材合成繊維・人工皮革
アウター素材合成底・ゴム底
基本スペック一覧表

外観

横からの見た目

versablast2の見た目横から

横からの見た目(反対側)

versablast2の見た目横から(反対)

上からの見た目

versablast2 上からの見た目

かかと部(外側)の見た目

versablast2 かかと部(外側)の見た目

かかと部(内側)の見た目

versablast2 かかと部(内側)の見た目

シュータンの見た目

versablast2 シュータンの見た目

アッパーの見た目

versablast2 アッパーの見た目

アウトソールの見た目

versablast2 アウトソールの見た目

販売価格

価格:7,700円(税込)

BLASTシリーズ最上位モデルのノヴァブラスト3:14,300円(税込)と比較しますと、半額近い価格となっております

BLASTシリーズについて知りたい人は以下ページをご覧下さい!

NOVABLAST 3 ~いつもの道をはずませよう。|アシックス公式
爽快な走り心地を追求したBLASTシリーズより、「NOVABLAST 3」「DYNABLAST 3」が登場。​反発性の向上でさらにスピードが出しやすく進化。レースからスピードランナーのトレーニングまで。バウンシーな走り心地で、いつもの道をはずませよう。​

アシックス製ランニングシューズの中でも格安の部類に入っていますので、シューズにあまりお金を掛けたくない方にはかなりオススメです!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

重量

重量:210g (26.5cm)

ノヴァブラスト3:245g(26.5㎝)より35g軽くなっています

この通りシューズ自体の大きさが異なりますので、その分軽くなっているということでしょう。

サイズはどちらも26.5㎝です。

サイズ感

幅はSTANDARDタイプです。

ノヴァブラスト3やエボライド3といったシューズと同じサイズ感となります。

サイズについて気になる方はこちらでご確認下さい。

ASICS
Check out ASICS new lightweight running shoes

アシックスのアプリにて測定が可能なので、自身に合うサイズ感を確認可能です。

フィット感

全体的に柔らかめです。

ふわふわした感じではありませんが、自身の足に合わせてフィットしてくれるため、走っている最中に違和感はありません。

この通りかかと部も柔らかくなっているため、足の動きに合わせて柔軟に形状が変更されます。

また、ハーフブーティーという特殊な構造になっている点も、フィッティングに貢献しているものと想定されます。

軽量性と加速性のスピードシリーズ「WAVE CLAW」│NEWS│バドミントン│ミズノ - MIZUNO
ミズノバドミントン公式サイト:軽量性と加速性のスピードシリーズ「WAVE CLAW」NEWカラー登場

一方で、ノヴァブラスト3のような包み込まれる感じを求めている方にとっては、少し物足りないかもしれません

耐久性

アウトソールには高耐久性で有名なAHARの表記が見られなかったため、通常のゴム底が採用されているものと想定。

そのため、1,000㎞といった走行距離に耐えることは困難かもしれません

そのため、ガッツリ走り込むというより、時々走る人の方が向いていると思われます。

クッション性

FF BLAST PLUSやFLYTEFOAMといった高機能な素材が使用されている表記が無かったため、クッション性について大きな期待はしていませんでした。

ですが、履いてみるとそこまで悪くありません。

アウトソールの中央に採用されている凹凸によるトランポリン構造がクッション性にも影響しているものと想定されます

ミッドソールはノヴァブラスト3と比較しますと、あまり分厚くありませんが、適度なクッション性あればこれで問題ないでしょう。

とはいえ、長時間ランニングする場合には物足りなさを感じるかもしれません

ミッドソールの厚さ比較(上:バーサブラスト2、下:ノヴァブラスト3)

反発力

ミッドソールが厚くないため、地面から高い反発力を得られます。

そこにアウトソールに採用されている凹凸のトランポリン構造による跳ねるような反発力が合わさり、グイグイと推進することができます

このアウトソールにある凹凸が独自の反発力を生み出しているようです。

アウトソールの見た目比較(左:バーサブラスト2、右:ノヴァブラスト3)

高機能な素材が採用されていないため、あまり期待していませんでしたが、反発力については他の高機能モデルと比較しても悪くありません。

走ってみて感じたこと

5分30秒/㎞から走り出し、4分/kmまでスムーズに加速することができました。

ノヴァブラスト3よりも35g軽いため、こちらの方がスピード練習には向いています。

インターバル走にも使えるのではと感じました。

一方、クッション性はそこまで高くはないため、長時間走る練習には向いていないかもしれません

クッション性が高いモデルと比較しますと、足への疲労が溜まりやすい点は否めませんので、10km程度のジョグ、LT走やインターバルといった比較的短い距離のスピード練習に向いています

まとめ

メリットとデメリットを再掲します。

メリット
  • 価格:7,700円(税込)と格安
  • 軽く、跳ねるような反発力によりスピードを出しやすい

続いてデメリットはこちらです。

デメリット
  • クッション性があまり高くないため、長時間のランニングは困難
  • アウトソールの素材がAHARといった高機能な素材ではないため、靴底の耐久性について大きな期待はできない

日頃のジョグからスピード練習までマルチに使えるモデル。

更に、ミッドソール(横)の見た目も他のシューズと異なっているため、デザイン性にこだわりがある人にも向いているかもしれません。

価格もお手頃の部類に入りますので、少しでも気になる人は是非試してみて下さい!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

気になる人はスポーツショップでの試し履き、もしくはAmazonのの prime try before you buyでお試しできますので、不安な人は一度試してみるのもありです。

今回は以上です!

同じBLASTシリーズの最上位モデルであるノヴァブラスト3について興味がある人はこちらのページをご覧下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました