コスパ最高といえばこのシューズでしょ!エボライド2 レビュー

シューズ

快適なランニングを追求したモデル。

そう!それがエボライド2です。

コスパ最高で好評だったエボライドの2代目を遂に入手しました。

最大の特徴は、前作同様に走行効率性を追求したガイドソール構造の搭載。

アシックスの技術により実現した【楽に長く走れるための機能】なんです。

つま先にかけて反り上がっているガイドソールにより、走行する際のサポートを受けますので、コロンと転がるように走れます。

そして、なんといってもコストパフォーマンスが非常に優れている点も大きなポイント。

最近、マラソンシューズの価格高騰が続いているため、10,000円以上のシューズが当たり前になりつつありますが、このモデルは7,000円以下で購入可能です。

そんなエボライド2の特徴をまとめましたので、是非購入する際の参考にして下さい!

お時間がない方はメリットとデメリットのみご覧下さい。

メリット
  • ガイドソールのサポートにより楽に長く走れる
  • 高性能ながら、7,000円以下で購入可能
  • アウトソールにAHARPLUSが採用されているため、耐久性がUPしている

続いてデメリットです。

デメリット
  • ガイドソールによるコロンとした感じが合わない可能性あり
  • 強い反発力を求める人の場合は、マジックスピードやターサーエッジ3といったモデルの方がオススメ

スポンサーリンク

基本スペック

製造国ベトナム
素材インナーソール:合成樹脂(EVA)/取り外し式
サイズ24.5,25.0,25.5,26.0,26.5,27.0,27.5,28.0,28.5,29.0,30.0,31.0,32.0
幅/ラストSTANDARD
アッパー素材合成繊維・合成樹脂・人工皮革
アウター素材ゴム底・合成底
基本スペック

外観

上からの見た目

外観(上から見た場合)

横からの見た目

外観(横から見た場合)

横からの見た目:反対側

外観(横から見た場合:反対側)

アッパーの見た目

外観(アッパー)

かかと部の見た目

外観(かかと部)

かかと部の見た目:内側

外観(かかと部:内側)

アウトソールの見た目

外観(アウトソール)

販売価格

11,000円(税込)

アシックスオンラインサイトの直売価格は11,000円(税込)ですが、Amazonや楽天であれば7,000円(税込)以下で購入可能です。

前作のエボライド同様、かなりお買い得になっています。

より格安を求める方には前作のエボライドがオススメ!

詳しくはこちらをご覧下さい。

重量

240g(26.5㎝)

前作では245g(26.5cm)でしたので、5g軽くなっています

アシックスのホームページにアップされている動画上で、「軽っ」と表現されていますが、標準的な重量ですね。

最近は200g以下のシューズも増えていますので、特別軽い感じはしません。

軽さを追求したいのであれば、同じアシックスのメタスピードスカイターサーエッジ3の方が数十グラム軽いです。

サイズ感

前作と同じ26.5㎝を履いていますが、問題ありません。

足幅はSTANDARDが設定されており、ゲルカヤノ28メタスピードスカイターサーエッジ3といったモデルと同じサイズ感です。

耐久性

アウトソールにAHARPLUSが採用されていますので、前作と比較しても耐久性は向上しているものと考えます。

AHARPLUSとは

アシックスで通常採用されているラバーと比較して、約3倍の耐摩耗性を実現しているため、長持ちが期待できる

といった特徴を持っている素材です。

前作と比較しますとアウトソールの形状が変わっておりますので、この影響が気になるところです。素材自体はAHARからAHARPLUSへとレベルアップしていますので、少なくとも前作並みの耐久性は期待できるでしょう

反発性

ミッドソールに採用されているFLYTEFOAMにより、そこそこ高い反発力を得られます。

ただ、このモデルは反発力というより、ガイドソールによる推進力で走行するため強い反発力は不要かと感じます。

反発力を活かしたランニングを楽しみたい人には、ターサーエッジ3やメタスピードスカイなどのモデルがオススメです。

クッション性

分厚いミッドソールにより高いクッション性を実現しています

フワフワしている感じではなく、少し硬めの印象。

接地した瞬間にゆっくりと沈み込み、そのまま衝撃を吸収してくれる感じです。

ミッドソール中足部が、前作よりも高くなっている影響を受けたためと考えられます。

以下写真の通り中足部の分厚さが違います。

エボライドの中足部(約3.6㎜)

外観(エボライド中足部)

エボライド2の中足部(約4.2㎜)

外観(エボライド2中足部)

かかと部後方から見て分かる通り、エボライド2の方がソールが分厚いです。

※アウトソール摩耗の影響上、エボライドが若干左に傾いていますが、それを加味してもエボライド2の方が分厚いです。

エボライド(左)vsエボライド2(右)

外観(エボライド(左)vsエボライド2(右))

走ってみて感じたこと

上記の通り、ミッドソールが前作よりも分厚くなっているため、ガイドソール構造が強化されコロコロ感が強まっています。

比較しにくいかもしれませんが、エボライドとエボライド2のガイドソールを比較した写真を載せますので、参考までにご覧下さい。

エボライド(左)vsエボライド2(右)

外観(エボライドvsエボライド2)

コロコロ感が強化された結果、非常に楽に速く走ることができます。

実際にジョグしてみると6分/kmからスタートしたつもりが、いつの間にか5分/kmを切っていました。

そのため、ジョグだけではなくペース走といった速めのペースで走る練習にもオススメ。

先日、4分/kmで5㎞程走りましたが、終始快適に走ることができましたよ。

ただし、ガイドソール構造によるコロコロ感が苦手な人もいるかと思いますので、気になる人は一度試してみてもいいかもしれません

走ってみて感じたこと②

エボライド2を装着してビルドアップ走(10㎞)を実施しました。

ペースは4分10秒/kmからスタートして、3分45秒/kmまでペースアップ。

3分台でも楽に走ることができましたよ。

ただ、速度を上げる程シューズの重さを感じやすくなりましたので、レースではなく、スピードを必要とする練習向けにオススメですね。

約500km走った後の状況

特に問題なく走れています。

アウトソールのヒール側が若干擦れていますが、走りへの影響は感じません。

アウター側も写真の通り、問題ありません。

まとめ

エボライド2のメリット・デメリットを再掲します。

メリット
  • ガイドソールのサポートにより楽に長く走れる
  • 高性能ながら、7,000円以下で購入可能
  • アウトソールにAHARPLUSが採用されているため、耐久性がUPしている
デメリット
  • ガイドソールによるコロンとした感じが合わない可能性あり
  • 強い反発力を求める人の場合は、マジックスピードやターサーエッジ3といったモデルの方がオススメ

ライドシリーズの特徴であるガイドソール機能はそのままに、ミッドソールへのFLYTEFOAM搭載や更なる軽量化など、楽に長く走れるようになった高性能モデルに仕上がっています

耐久性にも期待できることから、前作同様に優れたコストパフォーマンスを持っていることも魅力の1つです。

その一方、最大の特徴であるガイドソールは人によっては合わない場合もありますので、Amazonでの試着サービスであるPrime Try Before you buyを利用して一度試してみるのもありです

※Prime Try Before you buyにつきましては、下にある【Amazon】をクリック後に【サイズ】の上部に選択ボタンがありますので、そちらでPrime Try Before you buyを選べます。

前作であるエボライド同様【コスパ最高】なモデル!是非一度試してみてはいかがでしょうか!?

今回は以上です!

最新モデルのエボライド3に興味がある人はこちらの記事もご覧下さい!

エボライド2が軽量化された仕様となっておりますので、スピードを出しやすい点が特徴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました