ソフトなホールド感と軽量化を実現!ゲルニンバス24 レビュー

シューズ

アシックス製ランニングシューズにおけるホールド感No.1といっても過言ではないモデル!

それがゲルニンバス24です。

初めて履いた瞬間、そのソフト感には驚かされました

ゲルカヤノやGT-2000といったロングセラーモデルもソフトな履き心地なんですが、ゲルニンバス24と他のモデルとの最大の違いは、シュータンの柔らかさです

シュータンが分厚く、柔らかいことで、この心地よい履き心地を実現しているようです。

それだけではなく、前作より軽量化されていることからも機能性が大きく向上している今作。

ミッドソールにFLYTEFOAMだけではなく、FF BLAST PLUSという2022年に開発された新素材を投入しており、クッション性と軽量化にこだわりをもつモデルです。

初心者向けやジョグ用シューズを探している人に是非試してもらいたいモデルとなっておりますので、興味がある人は続きをご覧下さい。

早速ですが、メリットとデメリットを下記します。

メリット
  • 重量は280g(26.5㎝)と重すぎない
  • アッパーのニット製シュータンのお陰でソフトな履き心地を実現
  • ゲル構造によりクッション性も高い

続いてデメリットはこちらです。

デメリット
  • インターバル走やペース走といったスピード練習には向かない
  • 値段が高め(定価:17,600円(税込))
スポンサーリンク

基本スペック

基本スペックは以下の通りです。

製造国ベトナム
素材インナーソール:合成樹脂(ORTHOLITE)/取替式
サイズ24.5,25.0,25.5,26.0,26.5,27.0,27.5,28.0,28.5,29.0,30.0,31.0,32.0
幅/ラストSTANDARD
アッパー素材合成繊維・合成樹脂・人工皮革
アウター素材ゴム底

外観

上からの見た目

横からの見た目

横からの見た目(反対側)

アッパーの見た目

シュータンの見た目

シュータンの見た目②

このシュータンが最高の履き心地に貢献してくれています

これまでのモデルと一味違いますよ。

かかと部(内側)の見た目

かかと部(外側の見た目)

アウトソールの見た目

販売価格

17,600円(税込)

Amazonでは、サイズによって13,000円(税込)以下で購入できるようですが、発売されて間もないため、まだ大きな値下げはされておりません

重量

280g(26.5cm)

重量はノヴァブラスト2(270g)とグライドライド2(290g)の中間の位置付けです。

前作が300gを超えておりますので、20g以上軽量化されております

新素材であるFF BLAST PLUSが貢献しているようです。

FF BLAST PLUSとは

前作の「FLYTEFOAM PROPEL」と比較して、軽量でやわらかく、跳ねるように反発する “バウンス感” を実現。

引用元:株式会社アシックス

と、前作の素材よりも機能性が大きく向上しております。

サイズ感

基本スペックに記載されている通り、幅はSTANDARDタイプです。

ゲルカヤノ28エボライド2といったシューズと同じサイズ感となります。

サイズについて気になる方は、Amazonのprime try before you buyで試してみることをオススメします。

購入する際に選択できる、かなり便利なサービスですよ!

耐久性

アウトソールにAHAR PLUSが採用されていることから、高い耐久性を期待できます。

アシックスで通常採用されているラバーと比較して、約3倍の耐摩耗性を実現しているため、長持ちが期待できる

引用元:株式会社アシックス

ゲルカヤノ28でも採用されており、900㎞以上走っていますが、問題なく使用できております

気になる方はこちらの記事をご覧下さい。

クッション性

ゲル、FLYTEFOAMや新素材であるFF BLAST PLUSにより高いクッション性を実現しております。

ふわふわしたクッショニングですので、柔らかな接地を好む人には特に最適

シュータンも非常に柔らかいため、足全体がソフトな素材で包み込まれている感じがします。

グリップ力

AHAR PLUSによりグリップ力も悪くありません。

走りを安定させるトラスティックがアウトソール側に搭載されているため、スムーズな足運びをサポートしてくれています

結果として、蹴り出す力を無駄なく推進力に変えて、走り続けることが可能となります。

走ってみて感じたこと

そこまで重くなく、グリップも効きますので、そこそこ速いスピードに対応してくれます。

5分/km程度の比較的速めのジョグにも問題なく使えます。

新素材のFF BLAST PLUSによる反発性と重量:300gを切ったことが、スピードUPに大きく貢献しているものと考えられます

ただし、スピード練習には向いていません

インターバルやペース走といったスピード練習をする場合には、別のシューズを用意することをオススメします。

ジョグもしくは、そこそこ速いスピードでの距離走といった練習に向いていますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メリットとデメリットを再掲します。

メリット
  • 重量は280g(26.5㎝)と重すぎない
  • アッパーのニット製シュータンのお陰でソフトな履き心地を実現
  • ゲル構造によりクッション性も良い

続いてデメリットはこちらです。

デメリット
  • インターバル走やペース走といったスピード練習には向かない
  • 値段が高め(定価:17,600円(税込))

FF BLAST PLUSの投入や柔らかなシュータンにより、足への衝撃をできる限り抑えたい人にピッタリのシューズです。

モデルの位置付けが似ている、ゲルカヤノ28GT-2000 9とは一味違う履き心地を実現しています。

価格が高めな点がネックですが、耐久性にも期待が持てますので、購入して損はしないモデルに違いはありません。

少しでも気になる人は是非試してみて下さい!

気になる人はスポーツショップでの試し履き、もしくはAmazonのの prime try before you buyでお試しできますので、不安な人は一度試してみるのもありです。

今回は以上です!

どのシューズを選べばよいのか迷っている人は、以下記事をご覧下さい。

アシックスのシューズを走力と重力を軸にチャート図でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました