世界のトップランナー御用達!MAURTEN レビュー

グッズ

今回は、最近有名になりつつあるMAURTEN(モルテン)を使用した感想を紹介します。

キプチョゲ選手をはじめ、世界のトップランナーが使用していることで有名なドリンクであり、市民ランナーの中でも徐々に浸透中。

これまでの補給食とは異なり、ハイドロゲル技術というテクノロジーを採用していることが、トップランナーに愛用されている理由とされています。

そんなMAURTENを練習と大会で活用してみて、感じたことを包み隠さずレビュー

購入を迷っている人は是非チェックして下さい。

スポンサーリンク

DRINKタイプとGELの2タイプある

まず、知っておいて欲しいことは、

MAURTENは大きく分けてDRINKとGELの2タイプ

あるという点です。

DRINKタイプは水分量が多いため、そのまま飲むことができます。

一方でGELタイプは水分が含まれているとはいえ、ゼリーの粘度を強くしたような状態になっているため、水がないと補給は困難です。

オススメの活用方法で試してみた

公式サイトによるMAURTENのオススメ活用方法は、DRINKタイプをレース前に摂取し、レース中にGELタイプを利用するというもの。

そのため、DRINK MIX 320GEL 100そして、GEL100 CAF100を購入しました。

ただ、レースで使用する前に一度試した方がいいと公式サイトに記載されていたため、DRINK MIX 320を練習前に摂取。

具体的には、練習の前日夕方にDRINK MIX 320の半分を250mの水で溶かして摂取し、残りの半分を練習の2時間前までに摂取しました。

※公式サイト上ではフルマラソンとハーフマラソンでの摂取方法が記載されており、練習ではハーフの距離を走る予定でしたので、ハーフでの摂取方法を採用。

味は水飴を薄くしたような甘さで、少しとろみもあります。

好き嫌いが分かれそうな味ですね。私にとっては好みの味でしたので、問題ありませんでした。

そして、練習スタート。

が、途中からお腹の様子がおかしい

下痢の症状とほぼ一緒。

結局、その日は練習中に何度もトイレに駆け込むことになりました。。。

摂取した日の体調なのか、MAURTENが私に合っていないのか原因は不明ですが、一回だけでは判断できないため、レースでも試してみることに。

ただ、DRINK MIX 320を利用することは少し怖かったので、レースではGEL 100とGEL100 CAF100のGELタイプを活用してみました。

使ったタイミングはレース開始1時間後と2時間後。

レース中、空腹感はありませんでしたので、効率的なエネルギー補給にはピッタリだと感じました

お腹の調子が悪くなることもありませんでしたので、GELタイプは私に合っていたようです。

公式サイトをチェックしたところ、DRINKタイプとGELタイプで成分が若干異なっているため、練習時にお腹を下した原因はそこにあるのかもしれません。

まあ、その日の体調が悪かった可能性もあるため、不安な人は何度か試した方がよさそうです。

ちなみに、当日の朝や前日の食事量は普段より少し炭水化物を増やした程度で、極端なカーボローディングは実施していません。

気になった点

最大のネックポイントは価格が約1,000円もすることです。

DRINK MIX 320GEL 100そして、GEL100 CAF100全てのラインナップが約1,000円します。

正直高すぎる感は否めませんが、MAURTEN独自の技術となっていることからも、他社が似ている技術を開発しない限り、この価格は変わらないものと予想されます。

Amazon等でまとめ買いすると安くなる場合もありますが、かなり高額なので、2,3回試して問題無い場合にまとめ買いする方がいいでしょう

記録が停滞していて新しいことを取り入れたい人にオススメ

現時点で記録が伸びている人は無理に取り入れなくてもいいのかなと思います。

合う合わないがありますので、伸びているのであれば、現在取り入れている補給方法が合っている可能性が高いからです。

ただ、思うように記録が伸びていない人は、一度は試してみてもいいかもしれません。

なんだかんだいって有名選手がこぞって利用している製品なので、実績は抜群です

記録向上のために厚底シューズを試しているのと同様、補給食も新しいタイプを試す価値は十分にあります

そんなMAURTENシリーズ、興味がある人は一度試してみて下さい。

今回は以上です!

その他の補給食について知りたい人は以下ページをご覧下さい。

様々な補給食の特徴をまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました