スピード練習の最適解&高コスパ!ハイパースピード レビュー

シューズ

メタスピードスカイやマジックスピードと並び発売された廉価版モデルである、ハイパースピードをご存知でしょうか?

〇〇スピードシリーズの中で最も注目されていたメタスピードスカイ(3月31日)と同時期に発売されたモデルのため、メタスピードスカイばかりに注目が集まった影響を受け、知らない人もいることでしょう。

メタスピードスカイ発売前には

アシックスが遂に厚底カーボンモデルを出すってよ!

と、メタスピードスカイの話題性が高かった分、ハイパースピードを知っている人はあまりいませんでした。

正直なところ、私も同時期に発売されるシューズがあることを知っていた程度で、どういったスペックのシューズかは調べてません。

アシックス好きを公言する私ですら知らないシューズなので、知っている人はアシックスマニアか、たまたま店員に勧められて購入した人かのどちらかでしょう。

さて、そんなハイパースピードについて、たまたま知る機会がありましたので、詳しく調べたところコスパの良い練習に最適なシューズだということが分かりました。

実際に履いてみたところ

「ペース走とかインターバルにちょうどいいやん」

と思いましたので、走って感じたことを詳しくまとめています。

特に「スピード練習用にコスパの良いシューズを探しているんだけど、なかなか良いシューズが見つからなくって」と悩んでいる人は是非チェックしてみて下さい!

まずは、メリットとデメリット一覧をご覧下さい。

メリット
  • 安い!7,000円以下でも購入可能!!
  • クッション性や反発力がバランスよく備わっている
  • 重量も200g(26.5㎝)と比較的軽い部類に入る
  • 上記の特徴によりスピード練習に最適

続いてデメリットはこちら。

デメリット
  • 速めのペースで真価を発揮するため、ゆっくり走りたい人向けではない
  • ドロップは5㎜あるが、エボライドほどのコロコロ感はない(推進力補助は感じない)
スポンサーリンク

基本スペック

基本スペックは以下の通りです。

製造国ベトナム
素材インナーソール:合成樹脂(FLYTEFOAM)/固定式
サイズ24.5,25.0,25.5,26.0,26.5,27.0,27.5,28.0,28.5,29.0,30.0,31.0,32.0
幅/ラストSTANDARD/WIDE
アッパー素材合成繊維・合成樹脂
アウター素材ゴム底
ハイパースピードスペック一覧表

外観

横からの見た目

ハイパースピード外観(横からの見た目)

横からの見た目(反対側)

ハイパースピード外観(横からの見た目:反対側)

上からの見た目

ハイパースピード外観(上からの見た目)

アッパーの見た目

ハイパースピード外観(アッパーの見た目)

モノフィラメントメッシュを採用しているため、通気性抜群です。

※通気性・軽量性に優れたメッシュ素材

アウトソールの見た目

ハイパースピード外観(アウトソールの見た目)

かかと部の見た目

ハイパースピード外観(かかと部の見た目)

かかと部(内側)の見た目

ハイパースピード外観(かかと部内側の見た目)

販売価格

9,790円(税込)

アシックスでセールが実施されており、楽天、Amazonでも同様に値下げが実施されています。

サイズやカラーによって異なりますが、7,000円以下で購入可能なコスパの良いシューズです。

最近は1万円を超えるシューズが増えているため、スペックを踏まえると安い部類に入ります。

重量

200g(26.5cm)

ターサーエッジ 3(200g)と同じ重さです。

〇〇スピードシリーズの中では中間に位置します。

※メタスピードスカイは182g、マジックスピードは220g

サイズ感

基本スペックに記載されている通り、幅はSTANDARDとWIDEの2種類ありますので、足幅に合わせたサイズを選択できます。

STANDARDタイプでいいますと、ゲルカヤノ28やメタスピードスカイなど他のSTANDARDタイプとあまり変わりません。

フィット感

マジックスピードと比較しますと、かかと部が若干分厚くなっているため、包み込んでくれるような履き心地を体感できます。

左がハイパースピード、右がマジックスピードです。

かかと部比較 ハイパースピード vs マジックスピード

かかと部だけでなく、アッパーの下側も柔らかい素材が使われているため、全体的にソフトな印象です。

耐久性

アウトソールに樹脂製の素材が使用されています。

素材について調べましたが、アシックスの公式情報にて素材名を発見できませんでしたので、参考までにマジックスピードとの写真比較を載せておきます。

素材名:ソリッドラバーアウターソールということが判明しました。

こちらは、格安モデルであるJOLT3にも搭載されていることから、コストダウンを目的に採用されたのかもしれません。

AHARなどの耐久性を強化した素材までとはいかなくとも、トレーニング用モデルとしての側面もあるため、そこそこの耐久性は期待できるでしょう。

ハイパースピードのアウトソール

クッション性

マジックスピードほど高くありませんが、低すぎるわけでもなく、適度なクッショニングを保持しています。体感としては、マジックスピードとターサーエッジ3との中間レベルです。

クッション性の高さを実現している要因としては、ミッドソールにEVA、インソールにFLYTEFOAM※2を採用していることが挙げられます。

※エボライドのインソールに採用されている素材

※2.ターサーエッジ3やエボライドのミッドソールに採用されている高いクッション性と反発力を兼ね備えた素材

グリップ力

グリップを効かせやすいモデルです。

ドロップが5㎜あるため、コロコロ感ある走りを期待していましたが、ガイドソールによる推進力で進むというより、グリップ力の高さにより地面を掴み次の一歩を踏み出します。

更に、厚過ぎないソールにより強い反発力を得ることができますので、スピードを出しやすい点がメリットとして挙げられます

ジョグをして感じたこと

他の〇〇スピードシリーズに対してカーボンプレートが入っていないため、走る前は「反発力が弱いのでは?」と思っていましたが、実際に走ってみると、そこまで弱いとは感じません。

重量も200gと軽量であるため、スピードを出しやすく、気付かない内にペースが上がっていることもありました。

走る速度の目安としては5分30秒/kmを切るような、そこそこ速いペースで反発力やグリップ力の強さを感じられます。

そのため、速いペースでのジョグやペース走、インターバルといったハードな練習にオススメです

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クッション性や反発力などがバランスよく揃っているため、万人にオススメできるモデルに仕上がっています。

そして最大のメリットは価格が安いこと。

これだけの性能を持ちながら、7,000円以下は格安の部類に入ります。

スピードを出しやすいコスパの高いモデルはあまりないため、練習用シューズ候補として最適

少しでも興味があれば、是非試して下さい!

Amazonであれば、試し履きサービス【prime try before you buy】の対象になっているため、簡単にサイズ合わせ可能ですよ。

今回は以上です!

コスパの高いシューズをお探しであれば、エボライドもオススメです。

詳しくはこちらをご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました