圧倒的格安ランニングシューズ!JOLT3 レビュー

シューズ

アシックス製ランニングシューズで最も安いといっても過言ではないモデル。

それが今回紹介するJOLT3です。

その価格は定価で4,950円(税込)

ランニングシューズのインフレが加速している昨今、定価で5,000円以下は格安の部類に入ります。

スポーツブランドでない場合、2,000〜3,000円の価格帯で発売されているシューズもあるため、ランニングシューズ市場全体でみると、圧倒的格安は言い過ぎかもしれません。

ですが、アシックスはランニングシューズ業界の老舗中の老舗

そんなブランドが発売するシューズだからこそ、5,000円以下は圧倒的格安と言えます。

そんなに安くて大丈夫?

といった疑問も湧くことでしょう。

そんな疑問に応えるべく、JOLT3がどの程度のスペックを持っているのか、実際に履いてみて感じたことを紹介します。

購入するか迷っている方がいましたら、是非一度ご覧下さい。

まずは、メリットとデメリットを下記します。

メリット
  • 重量は275g(26.5㎝)と、特別重くはない
  • 柔らかなメッシュアッパーとOrthoLiteインナーソールにより、フィット感は悪くない
  • ソリッドラバーアウターソール(ゴム底)によりグリップ力もそこそこ高い
デメリット
  • クッション性は硬めなので、柔らかな接地を好む人には向かない
  • あまり反発力を感じない

エントリー用として購入するにはピッタリのシューズですが、ランニングにハマってきたら物足りなくなるかもしれません。

スポンサーリンク

基本スペック

基本スペックは以下の通りです。

製造国ベトナム/カンボジア
素材インナーソール:合成樹脂(ORTHOLITE)/固定式
サイズ22.0,22.5,23.0,23.5,24.0,24.5,25.0,25.5,26.0,26.5,27.0,27.5,28.0,28.5,29.0,30.0,31.0,32.0
幅/ラストEXTRA WIDE
アッパー素材合成繊維・人工皮革
アウター素材ゴム底(ソリッドラバーアウターソール)

外観

横からの見た目

JOLT3 横からの見た目

横からの見た目(反対側)

JOLT3 横からの見た目②

上からの見た目

JOLT3 上からの見た目

アッパーの見た目

JOLT3 アッパーの見た目

耐久性に優れたステッチダウンにて補強されています。

かかと部の見た目

JOLT3 かかと部の見た目

上の写真から見えるインナーソールとアッパーの内側が柔らかめなことが、履き心地の向上に貢献しているようです。

かかと部の見た目②

JOLT3 かかと部の見た目②

アウトソールの見た目

JOLT3 アウトソールの見た目

販売価格

4,950円(税込)

Amazonや楽天では4,000円以下で購入可能です。

重量

275g(26.5㎝)

重量はノヴァブラスト2(270g)とほぼ同じです。

ランニング中に特別重いと感じることはありません。

サイズ感

基本スペックに記載されている通り、幅はEXTRA WIDEタイプです。

幅広なので、けっこうゆとりがあります。

通常はSTANDARDタイプを履いているため、少し緩めに感じましたが、紐を少しきつめに結べば、ランニングに支障をきたすことはありません

耐久性

ソリッドラバーアウターソールが採用されております。

ハイパースピードにも採用されている素材であり、AHARといった耐久性を強化した素材と比較すると見劣りしてしまいます

クッション性

けっこう硬めです。

インジェクションEVAミッドソールが搭載されており、クッション性が強化されているとアシックスのホームページに記載されていたため、柔らかめのクッション性を期待していましたが、想像以上に硬めでした。

クッション性が硬めだからといって、クッション性が低いことには繋がらないのですが、柔らかめを好む人にはオススメできません

グリップ力

アウターソールにフレックスグルーヴ(屈曲溝)を採用し、柔軟性を向上させました

引用元:株式会社アシックス

とあり、確かに蹴り出すときにシューズの高い柔軟性を感じることができました。

また、ソリッドラバーアウターソールの持つグリップ力により、蹴り出す力を地面に伝えやすくなっているため、推進力は悪くありません

走ってみて感じたこと

クッション性が硬いことを除けば、特に違和感なく走ることができます。

そこまで重くなく、グリップも効きますので、ジョグであれば問題ありません。

スピードでいいますと、5分30秒/kmよりもゆっくり走る場合に活躍してくれそうです。

そのため、インターバルやペース走といったスピードを必要とする練習には向いていません。

あくまでもジョグ用としての位置付けになるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メリットとデメリットを再掲します。

メリット
  • 重量は275g(26.5㎝)と、特別重くはない
  • 柔らかなメッシュアッパーとOrthoLiteインナーソールにより、フィット感は悪くない
  • ソリッドラバーアウターソール(ゴム底)によりグリップ力もそこそこ高い
デメリット
  • クッション性は硬めなので、柔らかな接地を好む人には向かない
  • あまり反発力を感じない

デメリットでも挙げている通り、クッション性が硬めであるため、人によって合わないかもしれません。

価格以外、特別注目できる点もないことから、必要最低限の機能を有しているエントリーモデルといったところでしょう。

そのため、最初から機能性の高いモデルが欲しい人は、エボライド2グライドライド2をオススメします。

気になる人はスポーツショップでの試し履き、もしくはAmazonのの prime try before you buyで一度試してみて下さい。

今回は以上です!

JOLT3を含めた価格の安いシューズを以下記事にてまとめています。

興味がある方は是非ご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました